2007年08月13日

デッドニング(その2)

デッドニングの続きです。
音量を上げると内張りからビビリ音がしていたので、その対策を行いました。

1.内張りを外す
 写真は運転席側のものですが、はっきり言ってパカパカです。
 これじゃ、ビビらないほうが不思議。
 swift-008
 スピーカーの位置には、すきまテープを貼っておきます。

2.制振材を貼る
 赤で囲った箇所にオトナシートを貼りました。
 貼れそうな所、全てに貼る感じです。
 swift-022
 このとき、パワーウィンドウのスイッチ類があるユニットは既に
 外しています。

3.スイッチユニットの制振
 swift-010
 ここは最もビビリ易い箇所です。
 きっと固定が甘いんですね。

 swift-023
 赤丸の2箇所がコネクタです。
 
 swift-024
 ビビっていそうな箇所に吸音材を細く切って張ります。
 ユニットの端から端まで貼りました。

 赤矢印のコネクタが外れにくくて困りました。
 かなり傷つけちゃった・・・


ここまでやって、全て元に戻します。
さっそく試聴してみると、、、完璧!
相当音量上げてみましたが、全くビビらなくなりました。
重くなった内張りのおかげか、低音も良い感じに響いています。


次回はツィーター交換です。
posted by とむー。 at 22:56| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スイフト。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。